『ずっといい家に住みたい』

魚津市で工務店・住宅の弘新建築(こうしんけんちく)代表浦辺良昭のブログです。

居心地の良さ≠広さだと思うのですが

魚津で4年前に自宅の横小さな事務所をつくった弘新建築の浦辺です。

リンゴ畑と田んぼのど真ん中に発色のいいブルー。

先代には「調和ってしってんのか!」と一喝された思い出があります。

DSC01774

中に入ってもいすも4人分しか置けないくらい狭い。

天井も手を伸ばせば届くくらい低い。

 

でもなんででしょうか?居心地がいいんです。

 

DSC01730DSC01729

仕事仲間たちや

DSC01590

息抜きにくる工務店社長今月の売り上げが足りない営業のひとが、こちらの都合もおかまいなしにやってきます。

とても厄介な愛すべき人たち。

これがなかなか帰らない。

私の軽快なトークで帰らないのかと思っていたら、どうやら居心地のいい事務所だからだそう。

それを作れた俺ってすごくない?って自画自賛しながら、毎日コツコツ働いています!

テーマ:弘新の思う家

ずっといい家をつくりたいです。

魚津市でずっといい家をつくる弘新建築の浦辺良昭です。

DSC01744

今回、少しまじめな話です。

 

 

いい家ってなんでしょうか?

冬暖かく、夏涼しい家。素敵なキッチンで導線が短くママに優しい家。予算の中で納まる財布にやさしい家。

どれもいい家ですね!

しかし要望通りの家に仕上がればいい家なのでしょうか?

もしかしたら本当のあなたは「冬寒くなく、夏熱くない程度で季節も感じ取りたい」「少し導線がある方が生活は豊かなのかも」「予算も大切だけどどうしても素敵な庭をリビングから眺めたい」と、少しづつ考えが変わるかも。

そろそろ家も古くなってきたしどうしようかな?や

頑張っている妻にキッチンのリフォームしてあげたいな!

と思っている方はご相談下さい!

 

あなたの思う「いい家」をそれ以上の「いい家」にしませんか?

 

 

 

テーマ:弘新の思う家

住む人がいて「住宅」なのです

お盆休みをいつからしようか悩んでいる弘新建築(こうしんけんちく)の浦辺です。

ここ1週間ほど地域のイベントの準備やら

IMG_2296

今年から始めた消防(新人)の何かしらやら、

IMG_2288      IMG_2310

 

魚津のお祭りやらで

IMG_2295

外で美味しいごはんやお酒をくらう毎日。子供4人を妻1人にまかせっきりな日々が続いております。

今日ようやくわが家で夜ご飯を食べて、ゆっくりオリンピックを楽しみました。

わが家は築8年で4人の男の子の成長がしっかり刻まれております。(もっとひどい事になってるところがありますがとても見せられません)

DSC01894

最初の頃は傷1つで大騒ぎをしてた私たち夫婦。いまは「大事にしなよ~」程度かな。

今までの落書きや傷もいい思い出になり「この落書き長男やったな」って、ホッコリすることもあるくらいになりました。

 

住む人がいて住宅。思い出があって初めてわが家。

 

外でワイワイも楽しいけど、

やっぱりうちが好き!(でも今月、家を空ける日々が続くことは妻には内緒です)

 

 

 

テーマ:弘新の思う家

今さらながら金沢駅

はじめて金沢駅をちゃんと見てきた弘新建築(こうしんけんちく)の浦辺です。

DSC01945

今まで金沢駅には近くを通ったりはしてたんですが、今日まじまじと見てきました。

実物はとても素敵です。台風の影響で大雨だったのですが駅前のほとんどは傘が全く必要なく「観光客を受け入れる」姿勢がビンビン伝わってきました。

DSC01938

正面の門も実際見てみると、どっしりと重厚で感動します。DSC01940

門の横梁(よこばり)の上に針のようなものがあるのはきっと鳥が止まってフンをするのを防止してるんですかね?(わかりませんが・・)

 

なぜ金沢に来たかというと講演を聴く為なのです。

DSC01947

内容はざっくりいうと、「建築業界の人って、家建てる人の気持ち分かってないよね」です。

目から鱗でした。わかったつもりが一番厄介ですね。

こういう講習は自分を見つめなおせるので大好きです。が、聞きすぎて頭でっかちにならないように気を付けます!

 

テーマ:弘新の思う家

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス確認 (必須)

メッセージ本文